読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールデンウイークが終わりましたね。

今年のGW最大9日間ある方がおられるとか・・・・・、うらやましい

塾を行なっていますと、そんな多くのお休みはとれませんよね。

ただ、後半の5日間、娘が帰ってきてました。いるだけでうれしいのですが、うまく表せませんし、いつものごとく、妻と娘のなんともいえない空間には入っていけず、また娘と二人になればこれも・・・・・・という空気になっています。

妻からは、娘も気にかけてるとか、旅行はやはりお父さんがいないと、なんてこと言ってると聞くんですが直接聞いていないのでピンときていませんしね。

実際、お父さんが必要という理由も、食べることに気を遣うから、ということらしいです。

食べることに気を遣うというのは、こういうことらしいです。

妻と娘の二人だと、あまり品目や量を頼むと食べきれず残すことになるのでもったいない。お父さんがいれば食べてくれるから思いっきり注文できる。

こういう理屈らしいです。

娘なりの言い方と割り切って聞いていますが、もう少し気の利いた台詞ないかな!と思ってもいます。

ですがこんな些細なことでも娘にいてほしいと言われてうれしがっているただの親父になれたGWでした。