読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都へ行ってきました。

土、日の両日、京都に行ってきました。そうです。娘の所です。それも夫婦で。

久々に見た娘、だんだん大人ぶってくるのが分かりますね。(うれしいようなさみしいような・・・・・)

実は、前日発熱してしまい体のだるさを感じながらの出発でした。

朝4時に家を出発し、8時ごろ到着。その車の中で妻とひと悶着発生。

私は到着時間を7時から8時くらいと伝えてありました。妻良かれと思って伝えたんでしょうが7時到着と伝えたみたいです。娘は早起きして待っていたようで当然LINEが!

がっくりいた様子が伝わってきました。

「余裕を持った時間を知らせて!」と強く言ってしまいました。

さすがに妻も娘に悪く思ったのか反論なし。言った後でしたが気持ちの中では反論されないことに「ほっ!」て感じでした。

 

娘のとこに到着後、部屋のかたずけを終わらせて、(目的の一つでしたので)市内観光へ出発!

ここでも、父と母の差を痛感させられる出来事が!

 

観光中だいたい私が先頭で、妻と娘が後についてくる感じです。

最初は、3人で会話もして楽しい満足した時間が過ぎていました。

ですが、私はだんだんする会話のネタがなくなり、歩くのが中心へ。

すると!

 

後ろを振り返ると、二人がいません。ずっと後方に二人仲良く、女子会のように写真やお店に入ってショッピングの数々。

 

気持ちの中で、声かけてよ!、一緒に写真撮ってよ!です。

ここで繰り返し言いたいです。何!この差は。俺は信号機か!、または方向指示器か!

心の叫びです。

 

初日の夜、このようなことがあったためか、風邪のためかお酒を飲んで酔っ払ってしまいました。

次の日、二人に怒られ小さくなって二日目も信号機と方向指示器の仕事してきました。

 

ですが、娘に会えた喜びは、夫婦二人、帰りの車中の会話の中心であったことは間違いありませんね。

また、行きたいですね。方向指示器でも!