読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻との会話 ~娘のことで~

先日、妻が嬉しそうにこう言ってきました。娘が「家出るの嫌になってきた。」と。

実は、娘大学での一人暮らしが不安になってきているようなのです。ここ数年、妻と娘は親子というより友達のように会話していました。内心私より妻の方がさみしくなるんだろうなと思うくらいでした。

しかし、うちの娘も大したものですね。まだ、合格通知が一つも来ていないのに受かったつもりでいるようですし・・・・。俺の子かと再確認!

なんて話を聞くと私もニコッと笑顔。妻にも「キモ!」といわれてしまいました。

でも、そう思うのは今だけだろな。と私たちの共通認識。いざ、学生生活が楽しくなると親なんて思い出さないんだろうと思います。また、そうなくては娘の学生生活がいい思い出にならないだろうとも思います。複雑ですね。

妻は、娘にお願いしたそうです。卒業したら帰ってきてねと。私も願っていますが言ってはいません。それを言わない自分に拍手しています。

しかし、はっきりわかりました。妻は、私より娘が頼りなんだと。

将来、妻に頼りにされていないことがはっきりわかった会話でした。