読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔話

つい最近、年代の少しずつ違う人たちと会話する機会があり、この時、自分の若いころの話で盛り上がったことを書きます。

話の内容はバブル期の話でした。

年齢では7歳、13歳下の人たちです。初めはアニメなど世代間のギャップに盛り上がっていました。

その中の一人が、

「バブル期を経験したんですか。」って聞いてきました。

学生時代はバブル期全盛時代。学業そっちのけでバイトと遊びで楽しんでいたことを思い出しました。会話は続きます。

「やっぱり、肩パット入りのスーツきていたんですか。」

「そうは着てたよ。ダブルのDCブランド」なぜか自慢げに

ですが、「ダブルのDCブランド」で笑い

「色は紫とか?」

「持ってたよ、あとキャメル色」ここでも笑い

今の私と想像したのかな?相当受けていました。

こんなたわいもない話で、昔を思い出し懐かしく思う。

いい時間帯を過ごした思いです。

でも、やっぱり年を取ったかなとも思いますね。