読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビを見ていて

金曜日、帰宅すると妻と娘があるテレビ番組を見ていました。(題名はわからないのですが・・・・)それを見ていたときに思ったことです。

外国人とハーフのタレントさんが書道で一番を決めていたコーナーでした。

緊張感MAXという感じが出演者の手の震えかたで、こちらにも伝わってくるシーンでした。この時私は思ったんですよね。「うらやましい」と

なぜうらやましいか(別に芸能人がうらやましいではありませんよ・・・・)

こういう経験をうらやましいと思ったのです。この人達はこの後、ものすごい開放感と達成感を感じ、こういう緊張感を克服した自信を得るのだろうと

人は極度の緊張感からは逃げたくなるでしょう。当然かもしれません。(自分も逃げてきた方だと思うので)ですが克服したときの自信は、その人の成長には欠かせないものだと今は思います。

3年生は春に受験という経験をします。当然当日の緊張感は相当でしょう。それも経験となりますよね。ですが今の段階での志望校を変えることはある意味緊張からの逃避を意味し、成長にも疑問符が付くと思います。

生徒達には、いまはきつくてもあきらめず、志望校に到達できるよう勉強し、目標を達成できるようにしてもらいたい思っています。

私は、生徒一人一人にあった緊張感と達成感を一つでも多く感じてもらい、人としての成長を妨げるような安易な指導をしないようにと思っています。